ドラゴンクエストVI 幻の大地

Apple iOS

極私的レビュー

世界が2つあるところまでは普通の展開ですが、その先のシナリオは意外ところでもあり、スーパーファミコン最後のドラゴンクエスト。

極私的評価 ★★★★☆

裏ワザ

【馬車が動かない】
最初に、馬車を手に入れるまでゲームを進めておこう。そのあとで、仲間の誰かが死んでいる状態のときに、フィールド画面で並べ替えのコマンドを選んで、死んでいるキャラ以外を馬車の中に乗せる。「このままでは 動けない!」と表示されて馬車が動けなくなってしまう。  

【99個しか持てない】
ふくろの中に、なにかのアイテムを100個以上入れたとしても、ふくろの中には99個までしかアイテムは入らない。余ったアイテムは消えてしまうのだ。  

【死んでいても覚えている】
主人公が死んでいる状態にしておいてから、そのほかのキャラを町の人などと会話させ、Xボタンを押して会話の内容を記憶させる。主人公を生き返らせて「おもいだす」のコマンドを使う。さきほど死んでいたはずの主人公が、仲間の記憶した会話を思い出す。  

【船に乗ってしのび足】
盗賊の特技であるしのび足は、船に乗っているときに使っても、モンスターの出現確率が下がるという効果を得ることができる。  

【転職で回復】
HPやMPが減った状態のキャラを、ダーマ神殿で転職させる。減っていたHPやMPが満タンに回復している。  

【いない仲間でHP回復】
ダンジョン内の冒険は4人のパーティでしか行くことができないが、馬車に残った仲間は冒険中の4人を呪文で援護できる。これを利用すれば、たとえ敵との戦闘でHPを消費したとしても、馬車にいるキャラに回復魔法を唱えてもらうというように、冒険中のメンバーのMPを有効に利用できる。満タンのコマンドを使うと冒険中のキャラが呪文を使ってしまう。ダンジョン内でMPがなくなりリレミトを唱えられないときにも、馬車にいるキャラにリレミトを使わせれば、ダンジョンから脱出できる。  

【メタルスライムへの必勝法】
戦士の職業が覚えることのできるみなごろしの特技をもったキャラをパーティに入れておく。戦闘中にメタルスライムが1匹だけの状態になったら、みなごろしの特技をもったキャラ以外を馬車に退却させる。1対1になったら、みなごろしを使うのだ。そのメタルスライムに会心の一撃をくらわせることができる。ただしこの場合、自分に対しても攻撃してしまうことがある。  

【何度もドラゴンに乗れる】
ムドーの城に向かうダンジョンの中の、たき火の場所の先にある崖に行く。この場所で金色のドラゴンに乗れるのだ。この場所に来れば、何度でもドラゴンに乗ることができるぞ。  

【精霊の鎧が買える】
ライフコッドの防具屋に飾ってある鎧は、ゲームの序盤にいくら調べても、「高くて買えそうもない」と表示されるだけで買えない。しかしゲームを進めて、ある程度お金を持った状態でもう一度調べると、買うことができる。  

【マップが見やすくなる】
Rを押してマップを出す。ここでもう一度、Rを押すと、画面上から羽が消えてマップの全体が見やすくなる  

【タダで生き返る】
パーティが全滅したら、ゲントの村の長老を訪ねる。無料で全員を生き返らせてくれる。  

【表示速度が最高の速さに】
本体にあらかじめ連射パッドを接続しておく。メッセージの表示速度を、最も遅い8に設定する。戦闘中にAボタンを連射の状態にする。本来の表示速度1よりもさらに速いスピードで、メッセージが表示される。  

【毒沼でノーダメージ】
通常なら、毒沼を通過するたびにダメージを受けるのだが、HPの残りが1のときに通過すると、いっさいダメージを受けずに通過できる。  

【隠された職業】
ゲーム中に、あるアイテムを入手してダーマの神殿で転職すると、最強の職業である「ドラゴン」に転職できる。このドラゴンは、HPが高いうえに先制攻撃の確率が非常に高い。ドラゴンの熟練度名と覚える特技は次の表に示したとおり。  

【はやぶさの剣で倍攻撃】
通常、はやぶさの剣は敵に2回攻撃をできる。これを利用して、はやぶさの剣を装備した状態で戦士が覚える特技のはやぶさ斬りを使えば、さらに倍の4回の攻撃を一度にできる。  

【昼と夜が一瞬で変わる】
カルカドの町であることをして夜になった状態にする。町の外へ行き、右にあるほこらに入る。階段を上って町の反対側に移動してみよう。夜だったはずなのに、辺りは昼になっている。ここでルーラを使うか、ほこらを逆に戻るかしてカルカドの町に戻ると、今度は町に入った瞬間に夜になってしまう。  

【キャラが消える】
ハッサンをルイーダの店にあずける。4人パーティでレイドック城に入る。なぜか3人のパーティになってしまう。ちなみに、ここでいなくなってしまったたキャラは馬車の中に戻っている。  

【ルーラができない】
シェーナの町で精霊のかんむりを入手したあと、ライフコッドの村に戻る。村で祭りが始まる。この祭りの最中にルーラを使おうとすると、何かの力にさえぎられて、移動することができなくなってしまう。  

【光るスロットマシン】
どこかのカジノへ行く。カジノの中に入ったらレミラーマの呪文を使う。カジノのスロットマシンが次々に光りだす。  

【マホカンタでMP回復】
マホトラを使ってくるモンスターが出現したら、マホカンタを使う。マホカンタを唱えたあとに、敵モンスターがマホトラを使ってきたらこの技は成功。モンスターからMPを奪うことができる。  

【外れたのに当たる】
敵との戦闘に入る。武闘家の特技の急所突きを使う。急所突きを失敗したときに与えるダメージで敵を倒せば成功。敵の急所は外れたはずなのに、急所突きで倒されたときの倒れ方をする。  

【タンスの裏を調べる】
ある町の入口のない部屋に行くと、普通は調べられないタンスの裏側を調べられる。  

【秘密の洞くつ】
ゲームを一度クリアしある条件を満たすと、世界のどこかにある隠し洞くつに行けるようになる。この洞くつに登場するモンスターはすべて強力で、洞くつの中には秘密の村がある。  

【道具で攻撃】
戦闘中に、道具コマンドで世界地図を使うと、地図を丸めて敵を攻撃できる。聖水を使っても、敵に攻撃をできる。  

【種の有利な使い方】
種や木の実などのステータスを上げるアイテムは、使ったときにランダムで増えるステータス値が変化する。「まもりのたね」は1~5、「すばやさのたね」、「ちからのたね」、「かしこさのたね」は0~4、「いのちのきのみ」、「ふしぎなきのみ」は1~6、「うつくしそう」は0~1の幅でランダムに決定される。そのため、これらのアイテムを使うときには、使う前にセーブをしておき、使ってみて数値の増えかたが少なければリセットし、さきほどのデータをロードして同じ手順をくりかえせば、より大きい数値を出すことができる。アップする最大値は職業によって多少変化する。  

【看板の秘密】
普通、フィールドや町の中にある看板は、横からでも読むことができる。ただしレイドック城の人が前に立っている看板は、横からは読むことができない。看板の前に立っている人に話しかけると内容を知ることができる。  

【名前を変えられる】
海底のある洞窟には、名前を変えてくれる神官がいる。はキャラの名前のほかに、ふくろにも好きな名前を付けることができる。「ああああ」や「あほ」などとふざけた名前を付けると神の怒りにふれてしまい、大変損をしてしまう。  

【地面に潜れる】
あるアイテムを手に入れると、海中に潜れるようになる。このアイテムを海岸沿いの陸地で使うと、キャラが地面にめり込む。  

【妹のベッドで寝る】
ライフコッドの町の主人公の家に行く。妹のベッドの場所に行き、休むを選択する。妹のベッドで寝たはずなのに、主人公は自分のベッドで目を覚ます。  

【ランプのまおうが仲間になる】
すでに説明した隠し洞くつにはランプのまおうというモンスターが出現する。このモンスターは、戦闘に勝てば、それほど確率は高くないが、仲間にできる。このランプのまおうが覚える特技は、「バイキルト」「スクルト」「パルプンテ」「フバーハ」「ぐんたいよび」「ベホマズン」「マホキテ」「おいかぜ」だ。  

【ドランゴが仲間になる】
ゲーム中にある条件を満たしてある場所に行くと、ドランゴという名前のドラゴンを仲間にできる。このドランゴの覚える技は「かえんのきり」「はやぶさぎり」「まじんぎり」「はげしいほのお」「メタルぎり」「ザオリク」「しゃくねつ」だ。  

【きせきのつるぎで2度回復】
「はやぶさぎり」を覚えているキャラに「きせきのつるぎ」を装備させておく。戦闘中にそのキャラが装備した「はやぶさぎり」を使えば、1回の攻撃で2回回復できる。  

【ベストドレッサーのボーナス点】
ベストドレッサーコンテストに出場するとき、出場するキャラの装備品の組み合わせによって、ボーナス点がもらえることがある。たとえば、プラチナソード、プラチナメイル、プラチナメット、プラチナシールドを装備しているとボーナス点がもらえる。いろいろ組み合わせを試せば、高得点を得ることができる。  

【スライムと話せるようになる】
スライム格闘場の中にいる、通常話が通じないスライムに、パーティをスライム1人だけにして話しかければ、会話することができる。  

【伝説の剣を2度鍛える】
おしゃれなかじやで武器や防具を鍛えるときは、通常は1回しか鍛えることができない。主人公の装備できる伝説の武具の一つ「ラミアスのつるぎ」は例外だ。この剣は2回鍛えることができるのだ。  

【城門が開く】
レイドック城までゲームを進める。あるイベントのあとに城門の兵士に話しかけて、王子のニセ者として追い出される。通常このあとは、城門の兵士に話しかけても「立ち去れ」と言われて城門に入れてもらえない。兵士の横から城門を調べると城門を開けることができる。でも、城の中に入ることはできない。  

【勝負に負けても全員回復】
アークボルトの王に会うためには、城の中にいる兵士と2回戦って倒さないと先に進むことができない。主人公たちが兵士に負けると、アークボルトの宿屋の2階で目を覚まし、HPとMPが全部回復している。そのうえ、全滅したために通常なら半分に減らされているはずのパーティの所持金がまったく減っていない。  

【ムドーの島で復活】
2回めのムドーとの対決でムドーの島に向かうとき、パーティのメンバーに死んだ人間がいると、島に着いたときに復活する。  

【「まほうのせいすい」の効果】
「まほうのせいすい」は移動中に使うほうが、戦闘中に道具のコマンドで使うよりも30ほど回復の値が高い。  

【何も思い出せない】
人々の会話を何も覚えていない状態で「おもいだす」のコマンドを使うと、「しかし何も思い出せなかった」と言うメッセージがでる。  

【鍛冶屋のメッセージが変わる】
おしゃれなかじやに「てっかめん」や「てつかぶと」、「ふうじんのたて」などを持っていく。これらの武器や防具を直してもらおうとすると、そのおしゃれなかじやから、「ああこりゃひどい!センスのかけらもないや! あんたよくこんなもの装備してたね」と言われてしまう。  

【無敵のスライムが誕生する】
スライムやホイミスライムなど、スライム系のモンスターを仲間にする。スライム格闘場で試合に参加して、どのランクでもいいので優勝しておく。そのあとゲームを進めて、ある場所へいったとき、全員のHPが1にしておく。その状態でスライム格闘場に行き、優勝したことのあるランクに、HPが1のスライム系モンスターを出場させる。ハンディー戦になって最大HPを減らされるため、HPが1から0になる。この状態だとどんなにダメージを受けても戦闘不能にならず、簡単に優勝できる。このあと外に出てもHPは0のままなので、常に無敵の状態で敵と戦うことができる。回復魔法を使ったり、イベントを進めてHPが通常の値に戻ると、無敵でなくなる。  

【仲間を呼ばせてレベルアップ】
「きせきのつるぎ」や、「しんぴのよろい」のような戦闘中自動的にHPを回復するアイテムを用意しておく。仲間を呼ぶ性質のあるマドハンドなどの敵と戦う。HP回復アイテムを装備したキャラだけを馬車の外に出し、作戦を「戦う」に設定して、AやXを押した状態にしておく。ほうっておくだけでどんどん敵を倒して、戦闘後にはかなりの経験値を稼ぐことができる。職業の熟練度はほとんど上がらない。  

【戦闘不能時の会話】
主人公を戦闘不能にしてから、町などに行って人と話をする。会話が終わったあと、主人公以外のキャラが会話の内容を心に刻む。主人公を生き返らせ、特技の「思い出す」を選ぶと、戦闘不能時の会話を思い出す。  

【メダルがずれて出現】
「ちいさなメダル」の入っているツボやタルなどを調べるとき、ツボから右か左に少しズレるようにして調べる。「ちいさなメダル」も主人公と同じくらいズレて現れる。  

【いろんな道具で攻撃】
戦闘中に「せかいちず」や「せいすい」を使うと、敵を攻撃できる。このうち、「せいすい」は相手にダメージを与えられる。  

【伝説の盾のメッセージ】
おしゃれなかじやで「オーガシールド」を鍛えてもらう。防御力が65になるうえ、吹雪のダメージが軽減する防御効果を得られる。ちなみに、この鍛えた盾をインパスで調べると、伝説の盾を調べたときと同じメッセージが出る。  

【船が地面に潜る】
ゲームを進めていき、船が海に潜れるようになったら、船を陸地に隣接させる。船を海に潜らせようとすると、地面に潜って行く。  

【低空飛行ができる】
馬車が飛べるようになるまでゲームを進める。馬車が飛び立ったとき、進行方向と同じ方向に十字ボタンを押すと、地上マップを真上から見下ろした感じになる。  

【島や船が消える】
あらかじめ、馬車を飛べるようにしておく。上の世界にいるとき、島や空飛ぶベッドのあるところで馬車を飛ばすと、島やベッドが消える。下の世界でも船のあるところで同じことをすると、船が消えてしまう。  

【飾りのヨロイを購入】
ライフコッドの防具屋に飾られているヨロイは、ある程度ゲームを進めたあとに行くと買えるようになる。このヨロイは「せいれいのよろい」といって、防御力やかっこよさが高い。  

【天馬が変に飛ぶ】
あらかじめ、馬車が飛べるようになるまでゲームを進めておく。町やダンジョンからフィールド画面に出たら、すぐに馬車を空に飛ばす。Xを連打すると、馬の上に馬車が重なった状態で空に飛び立っていく。  

【マーズのやかたで全快】
ある程度ゲームを進めたら、「マーズのやかた」に行く。グランマーズと話すと、全員のHPとMPが全回復する。戦闘不能のキャラを復活させてくれる。ゲームを進めると、この技は途中からできなくなる。

ゲーム情報

発売日1995年12月9日 土曜日
価格(販売当時)11,400円
メディアタイプカートリッジ
データ容量32M+64K
メーカーエニックス

買うならこちら

オンラインストア

ザナドゥ(X1)配信中 | プロジェクトEGG
PC-9801、PC-8801、X68000、MSX、X1…1980年代の懐かしのレトロゲーム達をWindowsで復刻!懐かしの名作が勢揃い。あの頃の気分に浸って楽しもう!ゲーム動画も配信中!

類似のスマートフォンアプリ


コメント

タイトルとURLをコピーしました