バーニングポイント

NEC PC8801

極私的レビュー

淡々とした展開ながらも捜査とまとめがしっかりしていて面白い、アメリカチックな要素のアドベンチャーゲーム。

極私的評価 ★★★★★

裏ワザ

ゲーム情報

発売日1989年2月1日 水曜日
価格(販売当時)8,600円
メディアタイプ5インチFD 2D(5枚組)
データ容量5インチFD 2D(5枚組)
メーカーエニックス〔(開発元)エニックス〕

買うならこちら

オンラインストア

ザナドゥ(X1)配信中 | プロジェクトEGG
PC-9801、PC-8801、X68000、MSX、X1…1980年代の懐かしのレトロゲーム達をWindowsで復刻!懐かしの名作が勢揃い。あの頃の気分に浸って楽しもう!ゲーム動画も配信中!

類似のスマートフォンアプリ

https://itunes.apple.com/jp/app/
【ゲームのストーリー】カリフォルニアで開業したばかりの新米探偵マイクスティールに、老夫婦からホテルで焼死したはずの孫娘を探して欲しいという不可解な依頼が舞い込んだことからはじまる。スティールはこの娘を探していく過程でこの家族のある過去を知る。そしてその過去の背後に隠された大きな黒い事件へと突き当たっていくのだ。【ゲームの説明】88の全盛期、ADVも一つの黄金期を迎えていた。この頃、ハードがこれほど発達した現在にあってもその面白さが認められている「スナッチャー」や未だ完結せずPCエンジンで続編の発売が予定されるも中止となった「アンジェラス」など秀逸なADVゲームが次々と開発されていた。「バーニングポイント」はそんな作品の中でひときわ群をぬいたミステリーADVだ。不幸にしてその知名度は他の作品に比べると低いが、完成度は他の追随をゆるさない。「スナッチャー」や「アンジェラス」は作品の出来自体は非常に優れている。しかし、これらは当時完結しなかった。すなわち開発上の理由で物語が途中で終了してしまっていたのだ。これはプレイした者にとって非常に高いフラストレーションをあたえる。一方、「バーニングポイント」の物語は完全に完結しているのだ。本作単体で完全な「バーニングポイント」の世界を紡ぎだしている。それがこのゲームを解き終えた時の達成感や感動をより大きいものにしたのだろう。【関連タグ】澤和雄サウンドボード2対応 【ゲームのストーリー】カリフォルニアで開業したばかりの新米探偵マイクスティールに、老夫婦からホテルで焼死したはずの孫娘を探して欲しいという不可解な依頼が舞い込んだことからはじまる。スティールはこの娘を探していく過程でこの家族のある過去を知る。そしてその過去の背後に隠された大きな黒い事件へと突き当たっていくのだ。?mt=8

タイトルとURLをコピーしました